FC2ブログ
2012-11-07(Wed)

昨今の毛布事情

みなさん、立冬になって寒さが増してきました。

北海道ではかなり冷え込むとのこと。

こうなればいよいよ寝室くらいは温かく過ごしたいものですよね。

今日はタイトルに書いてますが毛布について少しばかし。

みなさん、毛布ってどんなのをイメージされますか?

おそらくは普通の毛布、としか思いつかないかと。

では普通のって?というお話です。

昔から一般的に言われる毛布の中に「綿」「ウール」「アクリル」というのがあります。

綿は書いて字のごとく「綿」であります。要は自然派素材の綿毛布であります。
これは主に夏などにタオルケット代わりに使われたりと。

ウールは羊の毛です。これはピンきりですが一般的に高級志向ですね。ただ物によっては肌触りが
チクチクしたりとその好き嫌いが別れるとこです。

アクリルは読んで字のごとくいわゆる化繊の毛布です。これが昔から言うとこの一般的な毛布です。

この他にもシルクなどもありますがそれこそ高級志向。ただしお肌すべすべ、いい物を探すとウールと同様
○十万するものも。

そこで今日は一般的なアクリル毛布について。

昨今毛布事情も大きく様変わりしてきております。
というのも昔は毛布の中でもすそ物(単価の低いもの)であっても素材はアクリルでありました。
というのも化繊といえばアクリルという素材が毛布などでも代名詞的素材でしたが、
その化繊も原油高等の中価格が上昇してきております。アクリルは触りがよく、軽くまた
毛布の中で最高峰といわれる「毛」に似ていることから重宝されてきました。
しかしながらその価格の高騰により近年はポリエステルに変わってきております。
なのでお求め安い価格での毛布をお探しなら「ポリエステル」が今では一般的に。
なので同じメーカーさんでも同じような柄でも値段が大きく違うようでしたらまずは素材を
チェックしてみてください。そのかさ高性にも差はありますが見た目にも分からない場合は原料をお確かめください。
さわっても分かりますがやはりアクリルはしっかりと体をなしております。

ということですが、これには好き嫌いがかなり出るように思われます。なので値段、素地をよく勘案してご購入してくださいね。

またなんでもお気軽にご相談くださいませ。


☆まちゼミの店☆
綿の打ち直しから仕立てまで
自社工場での一貫システム
こだわりの手作り

ピローアドバイザーのいる店
(西川産業㈱ 日本睡眠科学研究所 認定)

(有)河西ふとん店
TEL0796-42-5228  
E-mail: kawanishi998@hera.eonet.ne.jp
スポンサーサイト



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ふとんや栄治

Author:ふとんや栄治
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード