2012-07-14(Sat)

梅雨時期の寝具のお手入れ方法

●こまめに干しましょう
ふとんには汗などの湿気がしみ込みますので、天気のよい日には干して湿気を逃すようにしてください。
干す時間は午前10時ごろから午後2時ごろまでの間で2時間程度。
午後3時を過ぎると空気中の湿気が多くなる(地域間格差がありますが)ので注意しましょう。
干した後掃除機をかけるなどされたらダニ防止にもなります。
なお羽毛ふとんや羊毛ふとん、枕など詰め物素材によっては日光が苦手なものがありますので
取り扱い絵表示をよく読むようにしてください。
※羽毛ふとん、真綿ふとんなどは必ずカバーを掛けて干してください。(直射日光を避ける意味で)


●しまい方は重い順に
たとえば「マットレス→敷きふとん→毛布→掛けふとん」の順に。
マットレスや敷きふとんなど重い寝具は押入れの下の段、
毛布や掛けふとんなどは上の段に分けておくと、朝晩の上げ下ろしも楽です。


●使わないときは(ここが重要☆)
季節ごとに使わないふとんは干して湿気を逃がしてから、
ふとん袋や使い古しのシーツなどに包み、
防虫剤を入れて湿気の少ないところにしまってください。
押入れに収納するとき、スノコを敷いておくと湿気が防げます。
※羽毛ふとんなどは特に臭いが出たりするのでなるべく袋などに入れずに
そのまま押入れに収納されるのがよいかと思います。
なお、羽毛ふとん、真綿ふとんなど吸湿性、放湿性にすぐれている寝具類は
圧縮袋などの圧縮性ふとん袋の使用はなるべく避けるようにしてください。


梅雨時期の寝具のお手入れ方法についてでした。
何かご質問があれば下記メールアドレスにお問い合わせください。


綿の打ち直しから仕立てまで
自社工場での一貫システム
こだわりの手作り

ピローアドバイザーのいる店
(西川産業㈱ 日本睡眠科学研究所 認定)

(有)河西ふとん店
TEL0796-42-5228  
E-mail: kawanishi998@hera.eonet.ne.jp
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ふとんや栄治

Author:ふとんや栄治
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード